スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱交換器のOリング交換

F800R。

何度目をこすって見ても漏れてる
IMG_0128a.jpg
色的にクーラントですねえ。
「クーラント交換した時に組み付けミスったかな~。」と思いきや、どうも違うっぽい?

熱交換器から漏れてる?
IMG_0129ab.jpg


be586fbddd9cb72df1435672d00c09bf.png
原因は2番か4番のOリング?
とりあえずディーラーで注文。戦々恐々と待機していましたが2つセットで1500円いかなかったです(ノ∀`)ヨカッター

もうすぐオドメーター30000㌔なのでスプロケット交換時期。選ぼうにも純正くらいしか無い。
果たしていくら掛かるんだろうか(((( ;゚Д゚)))

Oリング準備完了
IMG_0131a.jpg
熱交換器はボルト4本で外れるので取り外し関連は割愛。
しかしさすが前面 & 水周りのボルト。錆びてたりネジロックだかシーリングだかがしてあったりでクッソ硬い(;´Д`)
ナメたらお話にならないので、また熱交換器を外す事があればディーラーに頼むかも。

取り外した熱交換器
IMG_0134a.jpg

IMG_0135a.jpg
漏れ出して付着したクーラントで凹凸が出来ています。
取り付け時の密着度を高めるため、1000番以上の耐水ペーパーで軽く研磨しました。

熱交換器の受け側
IMG_0133a.jpg

IMG_0132a.jpg
液体の流れている穴は4つ。
それぞれクーラントとエンジンオイルの2穴ずつ。「冷間時は水温によってオイルを暖め、温間時は水温によってオイルを冷却する。」ってやつですね。バージンBMWの受け売りですが(ノ∀`)

うーん、2番のOリングはここに使うんだろうけど、4番は熱交換器の受け側を取り外すっぽい?
しかし良く分からなかったので4番Oリングの交換は見送り。
最初に漏れている箇所を点検した感じ、2番Oリング付近からで間違いないので、まぁ大丈夫でしょう(ノ∀`)タブン

クーラントとエンジンオイルの交差する箇所なので、熱交換器を取り外した際に双方のパイプラインに混ざったかも・・・と不安になったので、一応、クーラントは入れ替え法で交換、エンジンオイルは丁度交換時期だったのでフィルターごと交換しました。


ぜんぜん関係無いですが
IMG_0137a.jpg
ここに車検証入れられるんだ・・・と気付いたF800R、4年目の冬。


IMG_0136a.jpg
なんやかんやと時間掛かりました。
これで直ればいいんですが・・・さぁ、春には気持ちよく乗させてくれ~(;´Д`)
スポンサーサイト

オイル交換再び

インプレッサG4のオイル交換は前回の交換から4ヶ月経過又は、4000km超えでやっています。

スバルディーラーで購入した際、値引きに惹かれてメンテナンスパックに加入したものの、6ヶ月か1年間隔でのオイル交換なのでなかなかタイミングが難しい。今のトコ順調ですが(;´Д`)

整備スロープに乗り上げる
RIMG2049.jpg

RIMG2050.jpg
前回、そのまま潜ってかなり大変だったので、整備スロープを購入しました。いや~楽チンヽ(゚∀゚)ノ
センタージャッキアップは、本来ジャッキアップポイントじゃない所に噛ませないといけない気がしたのでやめました。

車体前部だけ乗り上げているので、ちゃんとオイルが抜けるのか不安でしたが・・・フィルター交換ありで5L、無しで4.8L、マニュアル通りの規定量を注入してみると、オイルレベルゲージのMIN-MAXの80%辺りまで満たされています。オイル抜けは問題なさそうです。

使用したスロープ
201511261315502e8.jpg

純正エアロのフロントバンパースカート装備でも、乗り上げる時にコスらなかったです。
ただ、結構ギリだったので、プラスダウンサス等を入れてるとコスるかも?寸法は参考までに。



さてワタクシ事とはなりますが、
網膜剥離の可能性があるって事で3~4ヶ月ほどはこの不定期な状態が続くと思います。
車、バイクをまともに運転できるのもそのくらいになると思うので・・・(ノ∀`)

完全復活したらまたよろしくお願いします
(検査の結果ただの飛蚊症でした。大袈裟に書いて申し訳ない(;´Д`))。

スタッドレスタイヤに履き替え

そろそろインプレッサG4のノーマルタイヤをスタッドレスに履き替えないと・・・。

去年、どこに付いていたタイヤだったのか記した紙と一緒にタイヤカバーに放り込んだので、ついでにタイヤローテーション。
スタッドレスタイヤはヨコハマタイヤのIG50なので向き指定は無し & 僕のG4はフルタイム4輪駆動のAWDなので、前輪は左右反対にして後輪へ。後輪は左右そのまま前輪へ配置換えしました。

錆び対策?
IMG_0105a.jpg

IMG_0106a.jpg
タイヤハブ周辺、錆びてくっつく事があるらしいので、一応うす~くオメガの極圧耐水ベアリンググリスを塗ってます。理屈抜きの素人仕事なので効果は不明ですが(;´Д`)

交換途上
IMG_0108ab.jpg
前輪がスタッドレスタイヤのバッジオTK5(多分)、後輪がノーマルタイヤのインプレッサG4/2.0i-S純正ホイール。

交換完了
IMG_0109ab.jpg
ぜんぜん印象が違うけどこれはこれでお気に入り。
というかバッジオって響きが良い。キングダムのバジオウとかも好きだし( ゚Д゚)


IMG_0115a.jpg
あとは保管するノーマルタイヤの小石をホジホジして綺麗にします。AWDとはいえ後輪のがよく小石類が詰まるんですね~。知りませんでした。

その後ノーマルタイヤを洗浄、春まで使わないので空気圧を2.5barに調整し、タイヤカバーを被せて保管します。
このタイミングでスペアタイヤの空気圧も確認してます。
ついでにワイパーは冬季用ワイパーに交換。

ディーラーに任せてタイヤ交換すると、細々とはやってくれないので、バイクもそうですが出来る事は自分でする方が細かい所まで作業できて楽しい。まぁ、ディーラーは効率を重視しないといけない"お仕事"としての作業なので仕方ないですけどね( ゚Д゚)

ノーマルタイヤ点検中
IMG_0110a.jpg
何を踏んだらこんな裂け目に・・・(;´Д`)

HIDの取り付け

高効率ハロゲンバルブを使用できないF800R。
ドイツ政策に則った製法が原因でリフレクター内が高温に耐えられないらしい( ゚Д゚)

とは言っても、もうちっと明るさがほしい。
普段なら高効率ハロゲンバルブに換えるボクですが、使えないっていうんならHIDでも入れようかと。

35Wスモールシステムにしました
IMG_0092.jpg

IMG_0093.jpg

IMG_0094.jpg
ヘッドライトのキャップを、バラスト兼用のキャップに変更する画期的なタイプ。バラスト設置位置に悩まなくていいのがかなり良さそう。
ちょっと不安なのが外箱に取って付けたような"高品質"の文字が怪しさを高めてくれる中国製なこと。
ヤフオクで買いましたが、輸入元の安心安全な謳い文句を信じて購入に踏み切る( ゚Д゚)ダイジョブヨネ

ハイ側、ロー側共にHIDキットが出ていますが、僕はローのみのパッケージにしました。
HIDは同クラスのハロゲンに比べて明るく、かつ省電力らしい。ただし点灯した瞬間は大きく電力を消費する事、点灯からしばらく経たないと本来の明るさ性能を発揮できないことから、短時間点灯やパッシングに利用するハイ側には合わないかなーと。

色温度は通常6000Kのところ、見えやすさ重視で4300Kを選択。

ついでなのでポジションバルブも拡散型SMDに変更します。

取り付け開始
IMG_0095.jpg
ボルトオンキットだけあって分かりやすい。
コネクタの形状を見て繋いでいけば説明書無しでもいけそう。

プラスマイナスの指定あり
IMG_0096a.jpg
ロー側ヘッドライトバルブ純正コネクタのプラス側は黄色いコードです。赤色じゃなかったので、ここはちょっと迷いました。
ちゃんと接続しても上画像のようにコネクタのピンが剥き出し状態。これヘッドライトバルブを押さえてる金属バネにでも触れたらショートするんじゃないの?


IMG_0097a.jpg
対策にブチルテープを巻き巻き。
バラけないように念には念を入れてインシュロックでテープを固定しときました。ショートされても困るし(;´Д`)

すべての配線を繋ぎ終えたので、あとはバラスト兼用のキャップを締めるだけ。
しっかしギュウギュウ詰めですね。これ締まるんかなぁ・・・( ゚Д゚)



締まるわけがない。



数十分後
IMG_0099.jpg
これでなんとかキャップを締めれる体裁に(;´Д`)
純正の配線を固定しているインシュロックは1~2つ切った方が配線取り回しの自由度が高いです。というか、そうしないと収納できない( ゚Д゚)タブン

完成
IMG_0100a.jpg

IMG_0104.jpg
苦戦する場面もあったものの、思ったより簡単でした。30分くらいで作業終了。


IMG_0101.jpg
ポジションバルブの拡散型SMDとHIDが相まってちょっと変わった雰囲気になりました。
点灯してなくても結構存在感ありますね~ヽ(゚∀゚)ノ

ハロゲンバルブと比較
IMG_0102.jpg
ロー側は35W-HID、4300K。
ハイ側は55W-H7、スタンダードハロゲンです。

ロー側リフレクターは6000Kの拡散型SMDも入っている分、ここだけ見るとちょい白めに見えます。実際はもうちょっと黄色味があるので、純粋な比較では無いですが(ノ∀`)

日が暮れるのを待って試走してみると、こりゃスタンダードハロゲンよりも随分と明るくていい感じヽ(゚∀゚)ノ
ハロゲンより広範囲を照らしてくれるわけではないですが、今までぼんやりしていたフチの方も明るく照らしてくれるので見やすいです。これで夜間走行も大丈夫かな?( ゚Д゚)


今回、中国製という事でHIDのカラ焚きも予定していましたが、キャップにバラストが付いている構造上ちと面倒だったので省略しました。長距離走行後に点検してもリフレクター曇りは無くひと安心。
高品質の文字に偽りはなかったんだろうか( ゚Д゚)スマンナ

まぁこれは要経過ということで(ノ∀`)

直ったカ?

ツーリング百景
IMG_0042a.jpg

謎のエンストに悩まされていた今日この頃。
内圧コントロールバルブとブースタープラグの取り外し。イリジウムからノーマルプラグへの変更で3000㌔ほど乗っていましたが・・・なんか直ってるなコレ( ゚Д゚)アッサリト

自分が思うには、燃調を濃くするブースタープラグと、電極の細いイリジウムプラグの相性が悪かったかな~?と考えてます。
メーカーの定めた黄金比率セッティングを弄ろうなんておこがましいとは思わんかね?・・・ぐぬぬ。

(多分)今回のエンストに関係していない内圧コントロールバルブはそのうちもう一度取り付けたいトコロ。
取り外してから、スピードに乗った時の微振動が増えた気がするので( ゚Д゚)

いや~まだまだ乗れそうですF800R(ノ∀`)
プロフィール

シルナス

Author:シルナス
今年は遥か遠くへツーリングに行きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。