スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイクタイヤの乗り心地

RIMG1573.jpg
ちょくちょく雪の中を走っているのでスパイクタイヤのインプレなど。

仕様は以前紹介したコレ
RIMG1555.jpg
モタロー製作のIRC/FB3 チップピン180本仕様。
センターとその両側にピンを打ち込んだ感じです。

まずはドライとウェット。
ゴツゴツした乗り味で不安感はあるものの、そこまで怖いというほどでも・・・?普段ブロックタイヤを履いているせいか低グリップ感に慣れちゃってるのかもしれない。
ただ曲がる時はブロックタイヤ以上に気を使います。なるべく車体を倒さないように曲がってます。
まぁスパイクタイヤでそんな事する奴はいないだろうけど、タイヤ端まで使うような乗り方はかなり危険です。
即行コケるかと(;´Д`)

ウェット時もだいたい上と同じような感想。
「スパイクタイヤはウェットだとかなり滑る」と聞きましたが・・・うーん、よくワカラン。
確かに道路ペイントやマンホール等の鉄板系の上を通過する時は嫌な"滑り"がありますが・・・その他では特別走りにくいって事は無いかなァ。ドライ時でも不安感はあるのでウェットでは殊更慎重に運転してます。そのせいかも。

積雪(2~4cm)、シャーベット。
グリップはしてくれますが、ふとした瞬間にズルズルっといきそうで怖いですねー(((( ;゚Д゚)))
坂道なんかでは後輪が横滑りして、登るのもひと苦労。
二輪用スタッドレス、スノータイヤ全般に言えますが必ずしも安全に走行できるという類のものではないです。
一応走れますという感じ。ノーマルタイヤと比べれば雲泥の差ですけどね。
【シャーベット路面走行時のグリップ力についてアドバイスを頂きました、こちら : 2014.1.14追記】

圧雪、凍結路。
スパイクの本領発揮。こいつはすげぇええ( ゚Д゚)
凍結路はピンのお陰でガシガシ走れます。まさか凍結路を恐れずに走れる日が来ようとは(;´Д`)ナニコレタノシイ
圧雪は周辺地域の気候的に所々シャーベットになっている可能性があるので怖いといえば怖い。こちらは気を使いながらの運転になります。

スパイクタイヤは"凍結路に強い"というのが唯一のウリのようです。環境によってはドライやウェット/シャーベットに比較的有利なスタッドレスの方が良いのかも?
僕は通勤にクロスカブを使用するのでスパイクタイヤで大正解でした。早朝はかなり凍るので(;´Д`)

凍結路でも走れる・・・ここにどれだけ価値を見出せるかでスパイクタイヤの印象は変わってくると思います(ノ∀`)

寿命はまだ分からず・・・ほぼアスファルトを走行してますがピンはそこまで削れてない感じ。大事に使えば2~3シーズンは持ちそう。

そして最後に。
停止距離は確実に伸びます。急制動時に後輪ロックとチップピンが滑るコンボが恐ろしい。
平均速度を一回り落とさないと飛び出しに対応できないかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シルナス

Author:シルナス
今年は遥か遠くへツーリングに行きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。