スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキスイッチの接触不良修復

記事毎のタイトル、いつもどんなのにしようか迷います。
今回は中国語みたいになってしまった(ノ∀`)

ふとリアのブレーキランプを見ると点きっぱなしになってまして、ブレーキスイッチが壊れたかな?と。すぐ自宅へ戻り整備開始。

とりあえずフットブレーキを取り外し
RIMG1681.jpg
フットブレーキはボルト1本で外せます。中にスプリングが仕込んであるのでチト曲者ですが。

板バネ?みたいなのがブレーキスイッチ。
手でカチカチ押し込むとブレーキランプが正常動作します。
あれ~?ブレーキスイッチは異常無し( ゚Д゚)

どうも原因はフットブレーキの方みたい
RIMG1682.jpg

F800Rを何度か右側に倒しているので、フットブレーキとブレーキスイッチの接触部が歪み、スイッチを押し切れない状態になっていると思われます。
他のF800Rブロガーさんも同じような経験をされている方が多く、そう時間も掛からずに特定できましたヽ(゚∀゚)ノ

とはいえ画像を見ると歪んでいるように見えないんですが・・・まぁ歪んでいるんでしょう。自分でも何を言っているのか(;´Д`)


RIMG1683.jpg
要は押し切れていないブレーキスイッチが押せるようになれば良いだけなんで、クッションテープとビニールテープで嵩上げしました。飛び出したビニールテープはちゃんと切り揃えておかないと、他のパーツと干渉してフットブレーキの動きが悪くなります。
僕はこれのせいでもう一度バラすハメに(´・ω・`)

あとは元通り組み立てて作業終了。
試しにフットブレーキを踏んでみるとしっかり直ってました。

ついでに稼動部はグリスアップしたので動きもスムースです。
そろそろワイヤー類の注油もしようかと思う今日この頃。やはりバイクシーズンが迫ってくるとやる気も上がりますね(ノ∀`)

そしてまたバラすハメに(;´Д`)ツケワスレタ
RIMG1684.jpg


そういえば軸部のスプリング、引っ掛けにちょっとコツがいるような?グイグイいった方がうまく取り付けられました。

バラす前に位置も良く見ておいた方が良いかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シルナス

Author:シルナス
今年は遥か遠くへツーリングに行きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。