スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンオイル交換環境 その2

エンジンオイルは20Lペール缶&コッくん仕様にしています
RIMG1989.jpg
しかしこの状態で下にオイルジョッキを置いて給油するとこぼれる・・・当たり前ですね。
僕は実際に使用してこぼれた時に気付きました(;´Д`)アァー


RIMG1991.jpg
「こりゃイカン!」ってことで耐油シリコンホースで対応。オイルの流れが見えるように透明色のものにしました。
若干フニャってるのがシュール。本人は真面目にやってるんですけどね・・・( ゚Д゚)

そういえばコッくん、旧型(右)の方を2個買って、上画像の2缶に取り付けていたんですが、1個はオイル漏れ発生で返品しました。5-30Wのオイルだったので柔らか過ぎたとかでしょうか?
つい最近、新型(左)が出来たみたいなので、返品分は新型を買い足して使用しています。
こっちは5-30Wオイル缶でも漏れなし、蛇口タイプで使いやすい。できれば右の旧型も買い換えたいトコロですが、まぁそんなに安い買い物じゃないんですよねぇ・・・。


RIMG1992.jpg
T字ジョイントは材質的にオイルで劣化しないものを選びました。
ホース端の防塵用キャップはイス脚用のキャップがまさかのピッタリサイズだったのでそれを付けてます。真剣です。

キャップを外した時にこぼれないようにホースを上向きに折り曲げたいのですが、硬くて自由度がまったく無い。もっと柔らかい材質のホースの方が良かったな~( ゚Д゚)シコウサクゴ

しかしこれでオイルこぼれを気にせずにオイル交換ができそうです。

エンジンオイル交換を効率化する為にコッくんを初め、色々と導入したんですが・・・いやぁ~楽するのも楽じゃないですね(ノ∀`)


関連記事:
エンジンオイル交換環境
エンジンオイル交換とコッくん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シルナス

Author:シルナス
今年は遥か遠くへツーリングに行きたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング

カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。